トピックス

  1. ホーム
  2. メディア掲載
  3. OBCラジオ大阪「ラジナビ」1月11日の放送内容をご紹介します。

OBCラジオ大阪「ラジナビ」1月11日の放送内容をご紹介します。

Posted : 2012/04/11

水野 こんばんは、水野潤子です。ラジナビ、この番組ではスペシャルナビゲーターとご一緒に皆さんの生活をナビゲートしていきます。最後までお楽しみに。

水野 水曜日は弁護士さんのお話です。スペシャルナビゲーターは弁護士法人リーガルジャパン代表、木下慎也さんです。こんばんは。

木下 こんばんは。

水野 「For Customer」お客様のためにをモットーにしてらっしゃる弁護士事務所なんですが、実は一般的に私たちが思い描く弁護士事務所とちょっと毛色が違っているところがあるんですよね。

木下 そうですね。意識しているのはとにかく、困ったときに気軽にお越しいただけるような事務所です。風邪をひいたときお医者さんの所に皆さん行かれますよね。でも弁護士の所へ行くと、何か怒られるんじゃないだろうかとか、いくらお金とられるんだろうかとか、怖いなーと思われる方が多いですよね。

水野 はい。

木下 そこを何とか敷居を低くしたいし、来て頂きやすいようにという工夫はしています。

水野 具体的にどんな工夫をされているんですか。

木下 一番わかりやすいのは、アポイントの時間です。昔は平日の営業時間である昼間に、この時間に来て下さいというお願いをしていたんです。

水野 それは当たり前かなという気もするんですが。

木下 業界的にはやはりそうだったんですが、今は平日のそういう時間に休んで法律事務所に行こうと思ったら会社をクビになったとか。

水野 有給取りにくかったりしますしね。

木下 そうなんです。そう簡単にはやはり来られないので、土曜日とか日曜日とか、夜の8時とか9時とか仕事が終わってからの時間に合わせて、あるいは出勤前の朝早くに対応できるようにしています。

水野 お医者さんより進んでるじゃないですか。

木下 そこは複数の弁護士で回しながらという風に工夫しています。アクセスしやすいような、お客様にとって選んでいただきやすい時間というところは工夫しているつもりです。

水野 あと、よく聞くのは、弁護士さんに頼もうと思って行ったら、「この人にしなかったら良かった」みたいな、難しそうな人だったというような、最初は分からないということがあるそうです。

木下 そうなんです。だから最初お電話をお聞きした段階でアポイントを取りますよね。その段階で女性がいいとか、若いけどしっかり動いてくれる人がいいとか、知識が多いベテランがいいとか、そういった注文は皆さんございます。なるべくお客さんのニーズに合わせるように、工夫をしているつもりです。

水野 美容院みたいですね。

木下 そこを目指して頑張ろうと思います。

水野 うれしい弁護士事務所ですね。

水野 ラジナビ。皆さんからのお便りご質問もお待ちしております。郵便番号552-8501 ラジオ大阪「ラジナビ水曜日」の係へお寄せください。それでは今日はこの辺で。