全国発リーガルジャパン弁護士ブログ

  1. ホーム
  2. 全国発リーガルジャパン弁護士ブログ
  3. 映画「風立ちぬ」の表現方法

映画「風立ちぬ」の表現方法

Posted : 2013/09/02

 宮崎駿監督が長編映画の製作から引退されるようです。

 私は宮崎アニメの大ファンなので、ほとんどの作品を劇場で観ています。
 先日、最新作「風立ちぬ」も劇場で観て来ましたが、花や木々など自然の情景の描写が素晴らしく美しかったし、反対に関東大震災の描写などはぞっとするほどの迫力がありました。描写の繊細さは、どの作品を観ても常に芸術的で、本当に凄いなぁと思います。
 ただ、ファンタジーを封印して、リアリティにこだわった今回のストーリーとしては、結核を患って薄命だった妻と主人公の純愛が非常に心に残りましたが、逆に言うと、そちらの印象ばかりが強く、宮崎監督が「生きねば」というキャッチフレーズの中に意図されたメッセージ性は、私には少し伝わりにくかったです。
 ゼロ戦機の開発という夢の実現と、それが戦争の道具として利用されて、余りにも多くの人々を不幸のどん底に突き落とした悲劇のギャップに直面する中で、それでも主人公がその苦悩を乗り越えて、強く生き抜くこと…「生きねば」がテーマになっているのだと思うのですが、前者の夢の実現過程と比べて、後者の戦争の悲惨さや惨たらしさの描写がほとんどないので、ちょっと拍子抜けというか、主人公の「生きねば」という強い決意に対しても、十分に共感できなかったように感じました。

 勿論、私が感じる程度のことは宮崎監督は百も承知で、あえて戦争については、詳しい描写を避ける作品にされたのでしょうし、この辺りはちょうど「はだしのゲン」という漫画の過激な描写の閲覧制限が最近問題になっているように、表現のさじ加減によって、作品のイメージが変わってしまうので、かなり繊細な難しさがあるとは思います。表現の自由の許容範囲についてどのように考えるのかという問題もありますが、そもそも監督の映画観とか作品観によって、あえて表現しないという表現方法はあるでしょうし、それこそが宮崎アニメらしいとも思いますから、その辺の苦悩を想像してもらうというアプローチは、私も嫌いではありません。
 それは理解できるのですが、やはり「生きねば」という、メッセージに共感するには、もう少し戦争の中でゼロ戦機が果たした悲惨な役割などをリアルに描写しなければ伝わらないのではないか…今回、得意のファンタジーを封印して、リアリティにこだわったのは、そのためだったんじゃないのかなぁ…というもどかしさは感じました。

 やっぱり宮崎監督といえばファンタジーだと思うので、できればもう一度、得意のファンタジーで傑作を作っていただきたいと願っていただけに、長編映画の製作からの引退は本当に残念ですが、短編など別の形で、また宮崎アニメの醍醐味を楽しませていただけることを期待しています。




↓ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士
へ
にほんブログ村   人気ブログランキングへ