全国発リーガルジャパン弁護士ブログ

パンドラの箱

Posted : 2012/08/07

オリンピック開催中のため,夜は寝ているのかテレビを見ているのかハッキリしない日々を送っている札幌の浦本です。

柔道の放送はよく見ていたのですが,審判の技判定がすぐに覆ったり,旗判定がやり直しで覆ったりと,審判の判定が覆ることが多かったように思います。

私は,誤審も含めて楽しむのがスポーツ(柔道がスポーツなのかどうかはさておき)だ,と割り切ることはできないので,ビデオで確認しながらより正確な判定をしようとすること自体は,間違ってはいないと思います。

ただ,あれだけ何度も審判の判定が覆ってしまうと,審判の判定に対する信頼性が揺らいでしまい,スポーツとして何か重要なものが失われてしまっていくような気もしてしまいます。

オリンピックの正式種目となっている以上,
勝つために選手を育成することに力を注ぐだけではなく,
世界中に競技を普及させていくにあたって,(当然にこれまでも行ってきてはいるとは思いますが)これまで以上に審判の育成,能力の向上に力を入れて,審判の判定とビデオ判定の内容が可能な限り一致するようにしなければならないのだろうと思います(お金をもらうような審判は論外として)。

ビデオ判定によって審判の判定を変更する場合の変更方法についても,今後,もっと検討して欲しいなぁと思います。
柔道や他の競技でそのまま導入できるかはわかりませんが,テニスの「チャレンジ」なんかは,観客も手拍子をしながらビデオ判定の映像を確認していて,あれ自体一つのショーとして成立しているのではないかと思うぐらいよく出来たシステムだと思います。

柔道などのトーナメント方式の競技では,金メダルを取った選手には清々しいすごさを感じます(うらやましい)。
敗者復活戦で勝ちあがって銅メダルを取った選手には,泥臭い強さと凄味を感じます(見習いたい)。
勝っても負けても,見ていて気持ちのいいオリンピックになることを希望します。




↓ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士
へ
にほんブログ村   人気ブログランキングへ