全国発リーガルジャパン弁護士ブログ

弁護士と車

Posted : 2012/04/19

札幌の柴田です。

 

弁護士は,どんな車に乗っているのでしょうか?

お堅い職業?なので,堅実に国産の小型車?

それとも,たくさん儲けていそうなので,やはり高級外車?

いずれもあり得ると思いますが,ベテランの先生の中には,車を持たない方も多いと聞きます。

その理由の1つには,「危ない」からというのがあるようです。

何が「危ない」のか?

まず,交通事故を起こしてしまうことが危ないということが考えられます。

弁護士法では,禁錮以上の刑に処せられた者は,弁護士の資格を有しない,と定められています。例えば,車を運転していて必要な注意を怠り人に怪我を負わせてしまった場合,刑法では,7年以下の懲役若しくは禁錮又は100万円以下の罰金に処すると定められておりますので,刑の種類によっては、弁護士の資格を失ってしまうおそれがあります。

また,交通事故に巻き込まれることが危ないということもあります。

例えば,追突されるなど自分に責任がない場合であっても,追突した側とのトラブルに巻き込まれる可能性は十分にあります。

加えて,職務の性質上,交通事故の相談を受ける機会がある以上,自ら交通事故を起こしたり,交通事故に巻き込まれたりしていたのでは,相談に来られる方に示しがつかない,ということもあります。

以上からしますと,車を運転することを控える方が多いということには十分な理由があるように思えます。

 

また,そもそも免許を持っていない(持たない)方も多くいらっしゃいます。

受験勉強に専念していて,教習所に行く機会のないまま弁護士になり,弁護士になってからも忙しくて教習所に行く時間がない,というパターンが多いようですが、,前述の事故を起こしたり又は巻き込まれたりする危険があるためあえて取得しないという「君子危うきに近寄らず」的な方もいるようです。

もっとも,公共交通機関が充実していない都市部以外の地域ですと,移動のためにどうしても車が必要になりますので,前述のリスクにかかわらず車を運転せざるを得ない,地域特有の問題も関わってくると思います。

それでも,車は持っているが,運転は事務の方や身内にしてもらう,という方もいるようですが。

 

ところで,私は司法修習中,ベテランの裁判官に,「日常の生活で特に気を遣っていることはありますか?」という質問をしたところ,回答は,「特にない,一般の人が守るべきルールさえきちんと守っていれば問題は起こらない,普通に飲みにも行くし,車も運転するよ」とのことでした。

今思えば,当たり前の回答ですし,質問自体も微妙で恥ずかしいのですが,当時としては,裁判官の方も普通に生活しているんだなあ,などと妙に感心した記憶があります。

これを踏まえますと、弁護士の車の運転についても,特別に考える必要はなく,安全運転をして,事故を起こさないように心がける,もし事故に巻き込まれてしまっても誠実に対処する,という一般の運転者が守るべき当たり前のルールさえ遵守していれば問題はない,ということになりそうです。

一昔前は,弁護士の数が少なく,それゆえ一般の方から特別視されていたので,それを受けて当時の弁護士の方も特に気を遣っていたのに対し,今は弁護士数も増え,テレビや書籍などにより一般の方との接点も増えてきているため,弁護士だからといってあまり神経質になる必要まではない,という時代背景も影響しているのでは?と思うのは,私の考えすぎでしょうか?




↓ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士
へ
にほんブログ村   人気ブログランキングへ