全国発リーガルジャパン弁護士ブログ

映画ノートのすゝめ。

Posted : 2012/03/07

札幌の塚谷です。

さて,映画は楽しいですね。なので,今回は映画について。唐突ですが,そこは有無を言わさず。

私は映画が好きで,専ら学生の頃ですが,色々と観たものです。ジャンルも特に限定はなくて,何でも観ました。そして,観た映画についてノートに書き込んでいます。それは現在でもやっています。この,ノートがなかなか面白いんです。

具体的には,日付・題名・感想等を書きます。感想は,その映画内容にとどまらず,そこから一般論に言及することもあります。映画を観終わった直後に書くことで,そのときの高ぶった感情を恥ずかしげもなく晒すことになり,とっても恥ずかしいんです。恥ずかしいんですが,とっても正直な表現をしていたりして,「自分ってこんなこと考えてるんだな~」と自分を再発見することもあります。

あと,同じ映画を数回観ることがよくあります。そうすると,感想がその度に全然違っていることがあります。大体において,2回目以降観るときは,音楽がいいな~とか,このショットはいいな~とか,細かい技術的な部分を書いていることが多いんですが,中には何回観ても全体を観てしまう映画があります(雰囲気を観るというか)。私の中では,こういう映画が好きな映画になります。どの場面がいいのかよくわからないけど,とにかく,何回も観たくなり,何回観ても新鮮さを失わない映画。

そんな私の好きな映画は,『時計じかけのオレンジ』『ネバーランド』『雪に願うこと』『ビッグ・フィッシュ』,ミシェル・ゴンドリー監督の作品,などなどです。『時計じかけのオレンジ』は,一般受けはしないでしょうが,後はとっても観やすいと思います。

中でも,『雪に願うこと』は,北海道のばんえい競馬という,サラブレッドより相当大きい馬にそりを引かせるレースを題材にしており,北海道人としましては,お勧めします。とても迫力があります。しかも,現在人気の,伊勢谷友介さんも出ております。かっこいいです。

 

 




↓ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士
へ
にほんブログ村   人気ブログランキングへ