全国発リーガルジャパン弁護士ブログ

選挙と電話と私

Posted : 2012/02/13

札幌の浦本です。

先日,日弁連の会長選挙がありました。

先週は様々な先生方から連絡が入っていて,机の上のメモを見る度に「何の事件だろう?相手方にそんな先生いたっけ?」などと思ったりしながら過ごしていました。

候補者の先生方と面識があるわけではないので,それほど関心もなく,投票に行くつもりもありませんでした。しかし,投票日の朝,頭の中に「民主主義=治者と被治者の自同性」という受験勉強のとき以来の懐かしい言葉が浮かんできてしまったので,「そうだ,選挙に行こう!」と思い直し,投票してきました。

ただ,今回の選挙では次期会長は決まらなかったため,再投票になるそうです。

また,その頃になると事務所の電話が鳴る回数が増えるんだろうなぁ。

なお,「治者と被治者の自同性」というのは,「治める者と治められる者が一緒,つまり,自分達のことは自分達で決める」という程度の意味で私は理解しています。

 




↓ブログランキングに参加しております。 よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士
へ
にほんブログ村   人気ブログランキングへ